契約外選手が使っている本当に飛ぶドライバー

松山英樹のドライバーが一番買いなのでは?

新製品が出るたびに雑誌や、Webなどで特集が組まれ、トッププロたちが早速投入し心は踊るばかり。または契約外のプロが使っていたりでもう気持ちは抑えきれません。
「契約外の選手が使っているなんて、そんなにいいの?!」と思いますよね。

これがTaylorMadeのドライバーだったら、(ドライバーを売りにしているメーカーだから1本から契約料が発生してるな!なんて思ってしまいますが)なんて思ってしまっていたのですが昨年2016年のM2は本当に良くて、練習場の知り合いの方に打たせてもらい、即購入とTayloMade 契約>飛び説が崩れてしまいました。

なんてったってTaylorMadeにおいてはNikeクラブ撤退を受け、マキロイを筆頭にポール・ケイシー、そして最後にはタイガー・ウッズ契約ととてもTaylorMadeの力に圧倒させられてしまいました。

黙っていなかったCallaway

年末からはマキロイがGBB EPIC SUB ZERO(KUROKAGE PROTO)を使用し、契約はしていないものの、パトリック・リード、フィル・ミケルソン、と去年のメジャーチャンピオン、ヘンリック・ステンソン、ダニー・ウィレットの二人を持ってしてもネームバリューに欠けるCallawayがマキロイと契約したいのはブランドの品位を保つ意味でも十分考えられます。

ですがそのCallaway、松山の使用しているGREAT BIG BERTHAはメーカーとの話し合いの末、メーカー側が了承したとのニュースもあったので、契約外の選手の中で最もギアの性能を我々が信頼してもいいという選手ではないでしょうか。またYoutube動画 3up clubでもQPさんこと関雅史さんが去年のオススメドライバー、また本人使用で「飛んでいる」と語っていました。という事で疑いのないのドライバーは松山英樹使用のGREAT BIG BERTHA。まだまだ中古もいい値段がしています。
3月半ば現在ヘッドのみがヤフオク!相場で24,000円弱

ちなみに知識として入れておいて頂きたいのがGREAT BIG BERTHA、松山が使用しているのはUSモデルのクラウンツヤ消しモデルです。それと注意していただきたいのはロフトです。M2やEPIC等はよほど球が高くヘッドスピードがあるわけではない我々には10.5°が当然のようになっていますが、GREAT BIG BERTHAに関しては9°で大丈夫だと思います。EPICは表記通りのロフトですが松山モデルは違います。9°を買うことでM2やEPICの10.5度に相当します。実際リアルロフトも10.5です。

まとめ

先日練習場でSTAR、SUB ZERO共に打たせてもらいましたがまるでTaylorMadeと打感や音などが反対になってしまったのではないかと思うほどでした。SUB ZEROはまだCallawayの打感の良さが残っていましたがSTARは本当に硬い打感でした。

私個人としてはGBB EPICシリーズはまだ半信半疑です。打っているプロも契約の匂いプンプンだし、CMの演出もなかなか怪しいところです。メーカー都合ではありますし、やはりどんどん新製品を売らなければなりません。
松山英樹は契約以外のクラブを本当に試す選手です。我々のお財布とパフォーマンスを考えると今一番イイのはGREAT BIG BERTHAを試してみることではないでしょうか。