ゴルフショップで安く買うには?交渉編

お店でお得に買い物するには?

ゴルフ用品と言ってもいくつかのカテゴリーに分かれます。ドライバー、アイアンパターなどのクラブからキャディバッグ、ウェアそしてボールやティーの消耗品に至るまで様々です。
私はこれらの商品を実店舗、ネットと分けて買っています。そして皆様にもそれを勧めます。

インターネットショッピングで買う方が増えてきました。しかし、まだ量販店でもお得に購入できる方法があります。中古クラブなどをお得に買う方法などは後日記載しますが、実店舗で買ったほうがイイもの、ネットショッピングで買ったほうがイイものと分けて買うことを推奨させていただいています。

以下、これからお店で安く買い物したいという方は必読です

交渉できる店員さん1人に絞る

これから貴方がお店で安く買いたい場合、なるべく毎回同じ店員さんとの付き合いをオススメします。
貴方と店員さんがいい関係を築ければ、毎回初めての店員さんと先の見えない価格交渉をしたりあなた自身を1から知ってもらう必要はないと思います。これは信頼関係をつくり二方にとってもとてもスムーズな取引ができます。サラリーマン、特に営業の方にはもう当たり前のことではないかと思います。

そして1つのお店、店員さんという軸が出来れば他店舗にぷらりと訪れた時にも軽い気持ちで交渉できます。あくまで自分の行くお店で買うための交渉にすることが出来ます。

ではここからは具体的にどうしたら店員さんと良い関係を築けるかご紹介します。

まず信頼関係を構築するには

はじめに大きな商品でアピールする

貴方が買おうとしているゴルフ用品で、クラブキャディバッグなどお店にとっても大きな商品がある時、または纏めてゴルフ用品を購入する時、交渉しやすいです。

最初なので貴方も店員さんもお互いを知りません。これは少し直感も伴うのですが事前に買いたい商品の安値をなんとなくで結構ですので下調べしておきます。そしてその値段を店員さんに告げずに値段交渉してみます。
この時に安くしてくれたら買うと正直に告げましょう。そこでネットショッピングに完全に勝ることはなかなかありません。ですが人件費やテナント料を支払うお店にとってはネットの最安値に近いということは努力してくれているのだということをわかっておきましょう。

それにプラスしてボールなどの消耗品を付けてくれるのか、ポイントを付けてくれるのかは店員さんによります。まずは今回は挨拶だということを理解した上であまり値切ってばかりの嫌な客にならないように気をつけましょう。将来的にトータルでお得にしてもらうためです。

そして、初回の購入を終えたら、お礼を言って名刺をもらいましょう。次回来店した時にお互いを忘れない為と次もお世話になりますというメッセージが伝わります。

2回目の来店などは商品を購入する必要はありませんが店員さんが覚えていてくれれば挨拶をしてきます。ここで前回のお礼を言い、気になる商品や、これから発売する商品の情報などがあれば聞くのもいいですね。

基本的に以上である程度は実店舗の店員さんでもかなりいいお付き合いができます。ここからは更にお得に出来るポイントをご紹介しておきます。

友人を紹介する。

まだゴルフを始めていない友人や知り合い等が居れば貴方も紹介した方もお得です。そして、新規のお客さんを紹介して貰えるのはお店としても大変嬉しいはずです。私は偶々友人も始めるタイミングでしたので商品も安くして頂き、二方とも喜ぶいい結果になりました。

やはり店員さんは商品に詳しい

これは値段的なお得な話ではないのですが、商品などの店員さん同士、ゴルフ業界での商品の評判を聞けます。自分が買おうか迷ってる製品などの特徴を聞きたいときはとても頼りになります。やはり、我々よりも多くの商品に触れている店員さん同士での知識には勝てませんからね。
そういう意味では定期的に店長などが集まり、商品についての評価をしていると聞いたゴルフパートナーさんはいいかもしれません。中古にも強く、結構店員さんがクラブ好きで大概のものは打っているのでとてもオススメです。